CANOE SPRINT

カヌースプリント

競技概要

カヌースプリント=オリンピック種目(12種目)


静水面で1人乗りから4人乗りまでの艇にのり、一定の距離(200m、500m、1000m)と水路(レーン)を決めて複数の艇が一斉にスタートして最短時間で漕ぎ、着順を競う競技です。カヌースプリントはカヤック部門(K)とカナディアン部門(C)に分かれています。

ルール

競技エリア 9つのレーン(水路)があり、1つのレーンは幅9mになっています。
漕者は、レーンの中央を漕がねばならず、このレーンからはみ出すと失格となります。
レーンを示す浮標は、12.5mおきに設置されています。
フィニッシュ前の100mの浮標の色は、全て赤色になっています。
途中で転覆した場合は失格になります。艇やパドルが壊れてゴールできない場合も失格になります。ゴール後であれば転覆しても失格にはなりません。
スタート 各艇は、フライング防止のための自動発艇装置のスターティングブロックに艇の先端を入れ、横一線に並びます。
「Ready(レディ;位置について)」「Set(セット;用意)」で選手はパドルを構え、スタートの準備をします。その後の号砲「Go(ゴー)」がスタートの合図になります。
スタートの合図の前にパドルを動かした場合、不正スタート(フライング)を宣告され、同じ選手が2度不正スタートすると失格となります。
フィニッシュ 船首がフィニッシュラインを通過した順に順位が決定します。

2人乗りや4人乗りの競技の場合、クルーのメンバーが全員乗った状態でゴールしなければ、ゴールと認められません。
カヤック
Kayak
漕者は艇の進行方向に向かって長座の姿勢で座り、両端にブレードのついたダブルブレードパドルを左右交互に漕ぎながら艇を前に進めます。丸い座席以外は閉ざされています。
カナディアンカヌー
Canadian Canoe
漕者が艇の進行方向に向かって立膝もしくは正座の姿勢をとり、片方にブレードのついたシングルブレードパドルで左右どちらか片方のみを漕ぎながら前に進みます。

日本国内で呼んでいる「カナディアン(Canadian)」は、海外では「カヌー(Canoe)」と呼んでいます。

特徴

スプリントカヤックは、ダブルブレードパドルで漕ぐカヤックを使い、流れのない河川・池・湖に直線コースを設置し、9艇が一斉にスタートしてタイムを競う種目です。クルー(乗組員)の数によりシングル(1人)/ペア(2人)/フォア(4人)の区別があり、カヤック(Kayak)のKと合わせてK1/K2/K4と表すこともあります。また、距離により200m/500m/1,000mの区別があります。


スプリントカナディアンは、シングルブレードパドルで漕ぐカナディアンカヌーを使い、流れのない河川・池・湖に直線コースを設置し、9艇が一斉にスタートしてタイムを競う種目です。クルー(乗組員)の数によりシングル(1人)/ペア(2人)/フォア(4人)の区別があり、カヌー(Canoe)のCと合わせてC1/C2/C4と表すこともあります。また、距離により200m/500m/1,000mの区別があります。本大会では、男子のみ行います。

DISCIPLINES

競技種目